顔にできてしまったいぼにイボコロリが使えるのか?悩んでいるそこのあなた!使う前にこちらをご参考になってみて下さい。

「オロナインで顔イボが消える?」の真相、徹底究明しました

顔のイボにはオロナイン?ネットで検索すると、効果があったとの口コミやオロナインを使ったイボの取り方まで載っているサイトもあります。

一般家庭に常備されていることが多いオロナインH軟膏。顔のイボにも効果を発揮してくれるのでしょうか?

CMの影響からか手の荒れに効くハンドクリームのイメージが強いオロナイン、そもそも顔に塗ってもいいものなのでしょうか?
オロナインについて調べたことを紹介します。

結論を先に出すと、『オロナインにイボを消す効果はありません。』この結論は、オロナインの効能・効果を見れば一目瞭然です。

≪オロナインH軟膏について≫

【オロナインの効能・効果】
・にきび、吹き出物、はたけ、火傷(軽いもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、
いんきん、しらくも

【効能・効果からわかること】
にきび、吹き出物に効果ありということは、顔に塗るのは大丈夫ということです。しかし、イボに関しては一切書かれていません。
オロナインの主成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液、主な働きは殺菌です。イボにはいろいろ種類がありますが、一般的に多くの方が悩まれているイボの原因は、加齢による古い角質が固まってできたものと、ウイルスによるものです。

両方のイボともばい菌ではないので、殺菌効果のオロナインを塗っても意味がないんですよね。ウイルス性の場合は、オロナインに何らかの何らかの反応があるかもしれませんが、治療薬にはなりえません。なっていたら、効能・効果に書かれているはずです。

家庭に1つは常備されているオロナイン、私の家の薬箱にも入っていますが、説明書を読んでも、イボに関しては全く書かれていませんでした。イボの治療用に作られた塗り薬ではないからでしょうね。

【オロナインでイボが治った噂の真相】
イボに対する効果がないのに、どうしてオロナインでイボが治ったという噂があるのか不思議ですよね。
考えられる理由は2つあります。

一つ目は、勘違いです。ウイルス性の水いぼの場合、書き壊したりするとそこから新たなばい菌が入ったりします。
そういう状態のイボにオロナインを塗ると、イボに対して効果がなくても書き壊しの傷には効果があるので、イボに効いたと思ってしまうのです。

二つ目は、イボが自然に治った、です。ウイルス性のイボの場合、小さいものだと2週間ほどで自然に治るものもあります。
治るタイミングでオロナインを使ってイボが治ったと思った、かです。

【イボは、専門機関で治療しましょう】
家にいつも置いてある常備用の塗り薬で、イボが治ればいいにこしたことはありませんが、前にも書いた通り、オロナインでイボは治りません。

公式サイトを見てもイボに対して効果があるとは書かれていません。治したいならやはり、専門機関にかかることをおすすめします。

関連記事

艶つや習慣公式サイト

20160121追加